役立つヘッドスパの資格 - ヘッドスパの極意

役立つヘッドスパの資格

・ヘッドスパとは
ヘッドスパとは、マッサージやクレンジングで、頭皮の毛穴の汚れを落としたり血行をよくすることを指します。
頭皮の毛穴の汚れが落ち血行が良くなると、髪に栄養が行き渡りやすくなります。
また頭皮の血行をよくなることは、頭皮とつながっている顔のむくみを改善したり、肩こりの解消効果なども期待できます。
ヘッドスパは毛髪の生育環境を整えるだけではなく、リラックスや体調改善などに効果があるのです。

・ヘッドスパにも資格があるの?
ヘッドスパで有名な資格は、日本ヘッドセラピスト認定協会のヘッドセラピスト認定試験です。
1級から3級までの試験があります。
ヘッドスパに関して、整体・基礎知識と技術・アロママッサージについて問われます。
1級になてくると、ヘッドスパの技術だけではなく接客や経営スキルについても問われることになります。

姉妹店:ヘッドミント

もしヘッドスパを仕事にしたいのなら、頭のマッサージをするだけではいけません。
美容室や整体同様に、お客様の抱えている悩みを聞き出して解決するのが仕事です。
美容室へ来るお客様の目的は、髪を切ることです。
しかしその深層心理には、「朝の寝ぐせ直しが面倒」「ブローがうまくできない」「くせ毛がひどい」といった悩みを抱えています。
お客様自身もその悩みには気が付いていないため、美容室スタッフにその悩みを打ち明けることはありません。
代わりに「なんとなく髪型が決まらない」と非常にあいまいな表現を用います。
お客様に満足してもらうためには、美容室は髪を切るだけではなく、深層心理の悩みも解決しなければなりません。

そしてそれはヘッドスパでも同様です。
「頭が油っぽくてなんか嫌だ」「頭痛がひどい」「肩こりを解消したい」「髪を健康的にしたい」など、様々な悩みを抱えたお客様が来店します。
それらのお客様の深層心理の悩みを聞き出すには、高い接客スキルが大切です。
そしてそれらの悩みを解決するには、たくさんの知識と高い技術が必要です。
それらをまとめて学べ、資格として取得できるのが、ヘッドセラピスト認定試験です。

新着情報